大澤信亮

批評家・日本映画大学准教授

思想の登龍門

今月21日に朝日カルチャーセンター新宿教室で下記の講義をします。

思想の登龍門

昨年10月の『神的批評』の刊行以来、いわゆる刊行記念イベントのお誘いはすべて断ってきました。「ロスジェネ」4号でも話した通り、僕はイベントや公開トークにあまり可能性を感じません。それに刊行後は「復活の批評」を書き上げるのに精一杯でした。今も次作と次々作、それから新しく始まった大学の仕事など、全力でやらねばならないことが山積みで、とても話芸を披露している余裕はない。しかし一方で、僕は自分の文章がどのような人にどのように読まれているのか、本当のところよくわからずにいます。一緒に何かを考えてくれる人はどこにいるのか。業界の現状にうんざりして、勝手に孤立無援の気になるにはまだ早いのかもしれない。この講座は値段が高いということもあり、参加者にとっても、自分にとっても、決定的な経験の場にしたいと考えています。本の紹介や解説でお茶を濁すつもりはありません。そのために受講条件を付けさせて頂きました。ただし理解度は問いません。